がんの免疫細胞治療について

お問い合わせ・カウンセリングの申し込みはこちら

◆NK細胞とは

NK細胞は、自然免疫の中心をなす免疫細胞の一種です。免疫の働きは、外敵を見つけ即座に排除する「自然免疫」と時間を要するものの、抗原ごとの抗体を作って外敵に対抗する「獲得免疫」に分けられます。NK細胞は、常に全身をパトロールしながら外敵の侵入を見つけるとすぐに攻撃し、がん細胞や病原体に感染した細胞なども直に攻撃します。人間の体内のがん抑制機構は、「がん抑制遺伝子」などを中心とする細胞内におけるものと「免疫細胞」の働きによる細胞外のものに分けられます。私たちの体では、健康な方でも毎日3,000個~6,000個ほどのがん細胞が誕生していると言われています。それは、がん抑制遺伝子が正しく機能しない等で細胞内でがんの発生を防ぎきれなかったことが原因ですが、これに対して免疫細胞がこれをしっかりと排除してくれることによって、がん細胞は体内に放置されることなく抑制されます。この免疫の働きの中心を担っているのがNK細胞です。免疫の機能の衰えは、がんを取り逃しその後の増殖を許す原因ともなります。がんの予防において免疫が果たす役割はきわめて大きいものといえます。
患者様の体から取り出した血液の中のNK細胞を主に培養し、増やして点滴で体内に戻してがんをやっつけようというのが、NK細胞療法です。

スーパーNK療法とは

NK細胞はがん細胞を直接攻撃し破壊する機能があります。がんと診断を受けるほどに成長したがん細胞は、免疫の度重なる攻撃を搔い潜り増殖を繰り返してきた細胞であり、免疫の攻撃を回避したり、免疫の攻撃を無力化するなど、一般的に免疫に対して強い性質を持っています。これまでの自らの免疫の働きでは、排除しきれず残ってしまったものであるため免疫にてがん細胞を攻撃しようとした場合は通常の免疫の力では対抗することができません。免疫によるがん治療は、免疫の力を人為的に増強することで免疫に対抗しようとするものです。スーパーNK細胞療法は、患者様の体から取り出した血液の中のNK細胞(白血球のリンパ球中のNK細胞)をSGF®(乳歯歯髄幹細胞培養上清液)でグランザイムβを5倍に高活性化培養し、点滴で体内に戻してがんに対抗しようとするものです。もともと、ご自身の免疫細胞を使うので副作用が少ないや、免疫細胞の中でもがん細胞を破壊する能力の高いNK細胞を使用するため、比較的短期間に効果の現れるなどの特徴があります。※SGF®(ソラリアグロースファクター)とはソラリアクリニックグループが独自のプロトコールで精製した乳歯歯髄幹細胞培養上清液の総称です。

スーパーNK細胞療法の5つの特徴

1.全ステージ、ほぼ全てのがんに対応

一部(T細胞・NK細胞・NKT細胞型白血病/T細胞・NK細胞・NKT細胞型悪性リンパ腫)を除く、ほぼ全てのがんに施術が可能です。

・手術後の残ったがん細胞にも対応

・がん細胞増殖の抑制

・再発・転移の予防

2.標準治療との併用が可能

外科手術/化学療法/放射線治療との併用が可能

3.日帰りの通院で治療が可能

身体に負担が少なく、始めの採血の施術時間は1時間程要します。点滴投与に掛かる時間は約1時間です。

4.副作用が少ない

ご自分の血液から採取したNK細胞を培養、増殖させて活性化するため、副作用が少ないです。
また、他のがん治療で治療継続は困難と判断された場合でも、免疫療法なら治療を継続できる可能性があります。

5.再生医療治療計画認可

本治療は厚生労働省に再生医療提供計画を提出し許可を得て実施している治療です。

他の治療法と副作用の比較

標準治療 スーパーNK細胞療法
治療法 施術療法・抗がん剤・放射線治療 免疫療法
副作用 食欲不振、下痢、脱毛、皮膚障害末梢神経障害、骨髄抑制などの症状 少ない・患者様により軽度の発熱などの症状

◆スーパーNK細胞療法の流れ

樹状細胞を成熟化 

がんを患っている場合、がん細胞が作り出す免疫抑制細胞・物質の作用で、樹状細胞が成熟できなくなるので、免疫機能活性化物質を統合し、がん細胞による樹状細胞への妨害を解除し、正常に抗原提示ができるようにします。

NK細胞、キラーT細胞、マクロファージといったさまざまな免疫細胞を増殖・活性化

免疫システム全体を活気づけ、がん細胞を攻撃するための士気を高めます。

ガン細胞へ直接攻撃

活性化したNK細胞は、直接がん細胞に攻撃する働きがあります。また、必ず持っている別の抗原を探し出せる能力もあり、キラーT細胞が見逃したがん細胞も攻撃することができます。

免疫抑制を解除し、免疫機能の向上

がん患者の体内は免疫が抑制された状態にあります。活性化したNK細胞で免疫抑制細胞を殺傷します。
また、がん細胞が作り出す免疫抑制物質をキャッチする受容体がないので、動きを封じられる事はありません。この働きによって免疫機能の向上を目指します。

血管新生造成を阻害

血管新生とは、がん細胞が増殖に必要となる栄養や酵素を得るために、がん組織にむけて新しい血管を造成する現象の事を指します。これによって作られた血管を新生血管といいます。この新生血管を作るためには血管新生因子と呼ばれるタンパク質を利用しており中でも重要な動きをするのが血管内皮増殖因子(VEGF)というサイトカイン(細胞から分泌されるタンパク質の事)です。活性化NK細胞はVEGFというサイトカインを放出できないように妨害することで新生血管造成を防ぎます。

免疫記憶の形成

活性化されたNK細胞は、がん細胞に対する免疫記憶幹細胞を作ります。長期間にわたってがん細胞を攻撃できる免疫記憶を持続できるようになります。

なぜがんになるのか

私たちの体は約37兆2000億個の細胞でできており、細胞は絶えず分裂することによって新しく生まれ変わっています。細胞分裂は、細胞の設計図である遺伝子をもとにコピーされることで起こりますが、発がん物質などの影響 で遺伝子が突然変異し、「コピ ーミス」が起こることがあります。このコピーミスが「がん」のはじまりです。ただし、コピーミスが起きても、すぐにがんになるわけではありません。健康な人でも1日約5,000個のコピーミスが起こっているといわれています。通常、コピーミスで生まれた異常な細胞は、体内の免疫細胞の標的となり、攻撃されて死滅します。ところが、免疫細胞の攻撃を逃れて生き残る細胞がいて、「がん細胞」となります。それらが異常な分裂・増殖をくり返し、10~20年かけて「がん」の状態になります。

治療の流れ

step01 .初診

現在の状態とこれまでの治療経緯をお伺いして、スーパーNK細胞療法を行えるかどうかの診断を行います。完全予約になりますので事前にお電話にてお問い合わせ頂けますようお願い致します。準備いただきたい資料等をご案内致します。

step02.採血

一回の治療に対し、50㏄の血液を採取します。

step03.感染症検査

細胞培養に必要な感染症検査を行います。通常は初診時に実施可能であれば同日にて採血を行います。結果がでるまで3~5日ほど要します。

step04.培養

培養施設で2~3週間細胞の培養、活性化

step05.投与

投与画像

複数回実施する場合step2~5を繰り返し行います。

step06.診察

投与が完了した後、結果が出た後に診察を行います。治療の評価により今後について相談します。

培養施設について

培養は関連医療機関の培養施設(CPC)で行われます。この施設は「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に基づく「特定細胞加工物」を製造する「細胞培養加工施設」として厚生労働省に届け出を行っております。

培養は日本再生医療学会認定臨床培養士資格保有者が従事しております。

Q&A

Q.ガンの部位によって有効性の違いはありますか?

A.有効性に大きな違いはないと考えられます。一番重要とされるのは、患者様の免疫細胞がどのような状態にあるかです。免疫細胞の状態が良ければ治療効果も期待できますし、悪い状態であれば治療効果が現れるには時間を要することとなります。

Q.他の治療との併用は可能ですか?

A.問題ありません。
併用することでむしろ高い効果が期待できると考えられます。また、他の治療の副作用を軽減できると思われます。但し、現在お受けになっている化学療法や放射線療法等との併用については、お互いの治療のタイミングを考慮する必要があります。

Q.化学療法(抗ガン剤)や放射線療法との併用は可能ですか?

A.可能です。
但し、化学療法、放射線療法は、免疫細胞を含む正常な細胞にもダメージを与えてしまいますので、抗ガン剤投与後2~3日程空けてからの採血となります。併用される場合は、主治医の先生及び当クリニックにご相談下さい。

Q.抗ガン剤などは副作用が強いので受けたくないのですが、高度活性化NK細胞療法だけで治療することは可能ですか?

A.スーパーNK細胞療法は、これまで手術、抗ガン剤治療、放射線療法いずれも進行が食い止められなかった場合でも、治療効果が認められたケースもあります。したがって、スーパーNK細胞療法だけでも治療できる可能性はありますが、スーパーNK細胞療法は抗ガン剤治療などを妨げない治療法ですので、抗ガン剤治療などと併用することによって、治療全体の効果を上げることが期待できます。

Q.治療を受けるのに年齢的、体力的制限はありますか?

A.ございません。
スーパーNK細胞療法は患者様のお体に負担をかける治療ではございませんので、年齢や体力の制限なく受けていただくことができます。

Q.ガンが転移していますが効果はありますか?

A.もちろん、期待できます。但し、全身に転移している様な重篤な場合は期待できないケースもあります。

お問い合わせ・カウンセリングの申し込みはこちら

お問い合わせ

    個人情報ポリシー