アールイークリニック銀座が提唱するがん免疫療法は

NKT細胞標的療法とスーパーNK細胞療法を併用した集中治療です。

お問い合わせ・カウンセリングの申し込みはこちら

「スーパーNK細胞療法」と「NKT細胞標的療法」の違い

スーパーNK細胞療法の効果

・活性化したNK細胞による直接及び間接的ながん細胞の殺傷に伴いがんが縮小する、あるいはがんの進行の抑制効果が期待できます。
・抗がん剤治療の免疫抑制により免疫のがん細胞に対する抵抗力が落ちてしまった場合の免疫増強、がんの発生や再発を抑制するための予防にも有効です。

NKT細胞標的治療の効果

NKT細胞標的治療はすでに大学等の研究機関で臨床試験が行われ、進行性肺がんや頭頸部がんに十分な効果を示唆する結果が発表されています。しかし、治療によって得られる効果は、患者様の病状や病態、血液状態などによって個人差が生じますのであらかじめご了承ください。

スーパーNK療法とは


スーパーNK細胞療法は、患者様の体から取り出した血液の中のNK細胞(白血球のリンパ球中のNK細胞)をSGF®(乳歯歯髄幹細胞培養上清液)でグランザイムβを5倍に高活性化培養し、点滴で体内に戻してがんに対抗しようとするものです。もともと、ご自身の免疫細胞を使うので副作用が少ないや、免疫細胞の中でもがん細胞を破壊する能力の高いNK細胞を使用するため、比較的短期間に効果の現れるなどの特徴があります。

NKT細胞標的治療とは


NKT細胞標的治療(RIKEN-NKT®)では、患者様の血液中にある『単球』を採取し樹状細胞へ分化させ、樹状細胞を活性化する『GMP基準準拠アルファーガラクトシルセラミド』により樹状細胞を刺激し、この樹状細胞を体内に戻したときにNKT細胞を活性化します。活性化されたNKT細胞は、NK細胞及びT細胞を活性化し、がん細胞に対して強力な免疫傷害作用を発揮します。

医師紹介

古賀 祥嗣

SHOJI KOGA

鈴木 健一郎

KENICHIRO SUZUKI

アールイークリニック銀座_ロゴ

03-3528-6788

 

関連病院